【宗教法人の管理・運営(1)】 -宗教法人-


===========================================
第1章 総則
(名称)
第1条 この寺院は,宗教法人法による宗教法人であって,「ちくわ寺」と称する。
===========================================

※宗教法人の名称は規則記載事項(法12条1項2号)であり,登記事項(法52条2項2号)である。

《宗教法人》
 「宗教法人」とは,宗教法人法によって法人格を与えられた「宗教団体」をいう(法4条2項)。
 「宗教団体」とは,①宗教の教義をひろめ、②儀式行事を行い、③信者を教化育成することを主たる目的とする次の2種類の団体をいう(法2条)。

1 礼拝の施設を備える神社、寺院、教会、修道院その他これらに類する団体(同条1号):「単位宗教法人」
2 前記の団体を包括する教派、宗派、教団、教会、修道会、司教区その他これらに類する団体(同条2号):「包括宗教法人」

 つまり,単位宗教団体であるためには,
①宗教の教義を広める
②儀式行事を行う
③信者を教化育成することを目的として,
④礼拝施設を備える
必要がある。

 したがって,「礼拝施設」と言えるような物的な施設がない団体は,単位宗教団体にあたらない。
 賃貸借した施設でもよいが,①②③を目的にしていると認められない施設では「礼拝の施設を備え」たと言えない。

①②③を目的にした施設であれば,形態,規模等のいかんを問わず、仮施設であってもよい。

《Q&A》
Q.自宅にあるお仏壇を礼拝施設として,自らが教祖である宗教法人を設立できませんか。

A.宗教法人の設立には所轄庁の認証が必要である(法12条1項)。
 この認証にあたって,「当該団体が宗教団体であること」という要件を満たしているかが確認される(法14条1項1号)。
 たとえば愛知県を例に挙げると,このような書類
http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000004/4032/syukyo-syousurusyorui.pdf
の提出が必要であり,過去3年程度の「宗教団体」としての活動状況を確認される。
 したがって,自宅の仏壇を礼拝施設として宗教法人を設立することも不可能ではないが,宗教団体としての活動実態がないのに宗教法人の設立をすることはできない。

 いさぎよくあきらめた方がよい。いや,あきらめていただきたい。

2015/06/03