【宗教法人の管理・運営(10)】 -機関3-


===========================================
(任期)

第8条 代表役員の任期は,この寺院の住職の職にある間とする。
2 代表役員以外の責任役員の任期は,5年とする。ただし,再任を妨げない。
3 補欠の責任役員の任期は,前任者の残任期間とする。
4 代表役員及び責任役員は,任期満了後でも,後任の役員又はその代務者が就任するときまで,なおその職務を行うものとする。
===========================================
*代表役員,責任役員の任期は規則記載事項である(法12条1項5号)。

 法上,任期についての制限事項はとくにない。
 住職を代表役員とする場合,代表役員の任期は住職在職中ということになるので,その旨を規定する。

2015/09/01