【親子】離婚して子どもの実の父親と再婚したいのですが。

質問

子どもを連れて夫と離婚しました。
子供は離婚した夫の子ではありません。
別にいる子どもの実の父親と再婚したいのですが、どうしたらいいですか。

回答

婚姻成立から200日経過後、または離婚後300日以内に生まれた子どもは、婚姻中に懐胎したものと推定されます。
そして妻が婚姻中に懐胎した子どもは、夫の子であると推定されます。

この場合、前夫の子でないと法律上主張できるのは前夫だけです。
前夫が、子どもの出生を知った時から1年以内に、嫡出否認調停を申立てなければなりません。

あなたとすれば前夫に協力を求めて調停を申し立ててもらう必要があります。
離婚した前夫ですが、自分の子とされていると養育費の支払義務がありますので、鑑定費用等をあなたが負担するなど条件次第では、前夫の協力を得られる場合もあります。

婚姻成立から200日経過後、または離婚後300日以内に生まれた子どもでも、妻が夫の子どもを妊娠する可能性がないことが客観的に明白である場合、たとえば夫の長期の海外出張,受刑,別居等で妻が夫の子どもを妊娠する可能性がない場合には、夫の子であるとの推定が及ばないことになります。
このような場合は、あなたから親子関係不存在確認調停を申立てることができます。

婚姻成立から200日経過前、または離婚後300日以降に生まれた子どもは夫の子と推定されませんので、この場合もあなたから親子関係不存在確認調停を申し立てることになります。

あなたの再婚に関しては再婚禁止期間の制約があります。
これに関して、平成28年6月7日に改正された民法が施行されました。
この改正により、離婚後6か月再婚が禁止されていたのが、離婚後100日に短縮されました。
離婚後100日間だけ再婚を禁止しておけば、前婚の離婚後300日以内と後婚成立から200日経過前とが重複することがなく、両方の夫の子であると推定されることを避けるのに十分だからです。
その趣旨から、(1)離婚時に懐胎していなかったこと、(2)前夫の子を離婚日以後に出産したこと、のいずれかを診断した医師の書面があれば、離婚後100日が経過していなくても婚姻届が受け付けられることになりました。