【交通事故】自損事故を起こして同乗者にケガをさせてしまいました。ケガの補償をどのようにしたらいいのでしょうか。保険は使えますか。

Q.自損事故を起こして同乗者にケガをさせてしまいました。ケガの補償をどのようにしたらいいのでしょうか。保険は使えますか。

A.運転者の過失による自損事故で同乗者がケガをした場合,通常の交通事故の場合と同様に運転者がその責任を負うことになります。
 ただし,例えば飲酒運転であることを知っていたとか,スピードを出すように煽ったとか,運転のじゃまになるような行動を取ったなど,事故の発生について同乗者にも責任があるような場合には,運転者の責任が軽減されることがあります。
保険が使えるかどうかは次のとおりです。

〔自賠責保険〕
自賠責保険は,自動車の運行によって他人の生命または身体を害した場合に支払われますので,同乗者のケガに対しても自賠責基準で保険金が支払われます。

〔対人賠償保険〕
対人賠償保険も,保険に入っている自動車で生じた事故により他人にケガをさせた場合に保険金が支払われます。
しかし,ケガをさせた同乗者があなたの両親,配偶者,子である場合には,保険金が支払われません。
また,業務中の自動車で同乗する同僚にケガをさせた場合にも,対人賠償保険から保険金が支払われないことがあります。

〔人身賠償保険〕
人身傷害保険に加入していれば,保険に加入している自動車の搭乗者がケガをした場合に保険金が支払われます。
したがって,同乗者が家族等で対人賠償保険が支払われないような場合にも約款で定められた計算方法に従って保険金の支払を受けることができます。

〔搭乗者傷害保険〕
搭乗者傷害保険(特約)に加入している場合には,保険に加入している自動車の搭乗者がケガをした場合に保険金が支払われます。
この場合の支払金額は,約款に定める一定額です。

〔自損事故傷害保険〕
自損事故傷害保険に加入していれば,人身傷害保険に加入していない場合,ケガをした同乗者に対して約款で定めた一定額が支払われます。