【夫婦】「枕営業」と不法行為

クラブのママの行為は「枕営業」であり、顧客の妻に対し不法行為を構成しないとされた (東京地裁平成26年04月14日判決)
《前提》
「夫婦の一方の配偶者と肉体関係を持った第三者は、故意又は過失がある限り、右配偶者を誘惑するなどして肉体関係を持つに至らせたかどうか、両名の関係が自然の愛情によって生じたかどうかにかかわらず、他方の配偶者の夫又は妻としての権利を侵害し、その行為は違法性を帯び、右他方の配偶者の被った精神上の苦痛を慰謝すべき義務がある」 (最判昭54・3・30)

肉体関係を持つことが 不法行為となる場合

当該不貞行為が他方配偶者に対する婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益に対する侵害行為に該当することによるもの。
ソープランドに勤務する女性のような売春婦が対価を得て妻のある顧客と性交渉を行った場合には、当該性交渉は当該顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではないから、当該妻に対する関係で不法行為を構成するものではない。

いわゆる「枕営業」と売春との相違

「枕営業」の場合は、「枕営業」の相手方となった顧客がクラブに通って、クラブに代金を支払う中から間接的に「枕営業」の対価が支払われているのであり、ソープランドに勤務する女性との違いは、対価が直接的なものであるか、間接的なものであるかの差に過ぎない。
売春の形態によっては、売春婦が性交渉に応ずる顧客を選択することができるものもあるから、「枕営業」を売春と別異に扱う理由とはならない。

「枕営業」が妻に対する不法行為となるか

「枕営業」であると認められる性交渉は、売春婦の場合と同様に、顧客の性欲処理に商売として応じたものに過ぎず、何ら婚姻共同生活の平和を害するものではない。
そのことを知った妻が精神的苦痛を受けたとしても、当該妻に対する関係で不法行為を構成するものではない。

被告の行為について

原告の夫は不貞行為開始の5か月前から本件クラブに通い、本件クラブやママである被告にとって優良顧客であった。
この優良顧客状態が不貞行為終了時まで続いていた。
夫の行為は「枕営業」の典型的な態様に合致するし、その頻度は夫がクラブを訪れる頻度と整合する。
夫の性交渉の相手が被告であれば、その性交渉は典型的な「枕営業」にあたる。