【著作権】著作隣接権(著作権法の基本をおさらい-09-)

 今回は著作隣接権についておさらいします。
→自分のための勉強ノートを残します。

(事件名は「著作権法入門」(島並・上野・横山,有斐閣)を参考にさせていただきました。)


目次
著作隣接権
1 

著作隣接権

 著作隣接権とは,実演家,レコード製作者,放送事業者という情報の伝達者に対して与えられる著作権に類似した権利である。
 著作権に類似するが,著作権とは別個独立した権利であり,伝達の対象は著作物に限られない。

実演家の権利

 「実演」とは,「著作物を,演劇的に演じ,舞い,演奏し,歌い,口演し,朗詠し,又はその他の方法により演ずること(これらに類する行為で,著作物を演じないが芸能的な性質を有するものを含む。)」をいう(法第2条1項3号)。
 → 「芸能的な性質」を有すれば,著作物を演じる場合でなくても「実演」にあたる。
 → 著作権法で保護される「実演」については法第7条に規定されている。

 「実演家」とは,「俳優,舞踊家,演奏家,歌手その他実演を行う者及び実演を指揮し,又は演出する者」をいう(法第2条1項4号)。

権利の内容

1 録音権・録画権(法第91条)

 実演家は,その実演を録音し,又は録画する権利を専有する(同条第1項)。

 「録音」とは,「音を物に固定し,又はその固定物を増製すること」をいう(法第2条第1項第13号)。
 「録画」とは,「影像を連続して物に固定し,又はその固定物を増製すること」をいう(同項第14号)。
  → 実演の写真撮影に実演家の著作隣接権は及ばない。 

 【例外1】映画の著作物
 実演家の許諾を得て映画の著作物において録音され,又は録画された実演については,適用しない(同条2項)。
 ←個々の実演家に権利を認めると映画の利用を妨げるから。
 ←音を専ら影像とともに再生することを目的とするものを除き,録音物に録音する場合は適用がある(同項かっこ書)。ex) サウンドトラック・レコード。

 【例外2】放送のための固定
 実演の放送について権利者の許諾を得た放送事業者は,その実演を放送のために録音し,又は録画することができる(法第93条第1項)。
 ←許諾に係る放送番組と異なる内容の放送番組に使用する目的で録音し,又は録画する場合は,この限りでない(同項ただし書)。