【墓地の管理・運営(01)】 -約款-


ちくわ寺墓地使用契約約款

(目的)
第1条 本約款は,宗教法人ちくわ寺の境内に所在する墓地(以下「ちくわ寺墓地」という。)が,ちくわ寺の宗教施設の一つとして適切に使用及び管理されることを目的として,必要な事項を定める。

(墓地の性質)
第2条 ちくわ寺墓地は,ちくわ寺の檀信徒のための墓地として供される。
2 ちくわ寺墓地の管理者は,宗教法人ちくわ寺の代表役員とする。

墓地使用契約約款

約款とは

今日から墓地の管理運営について勉強しましょう。

寺院が墓地の管理をするのに,きちんと管理規則を作った方がいいって聞いたことがあるよ。
でもれは標題が「規則」じゃなくて「約款」ってなってるよ?

一般的に「墓地使用規則」という標題にしている例が多いですね。
でも,その実質は墓地の経営主体と使用者との契約です。
ですから,標題を約款とする方が実態に沿っていると言えるでしょう。

「約款」って?

多数の相手と画一的な内容で取引をする場合に,その内容を定めておく条項をいいます。
民法の改正で「定型約款」の規定が新設されましたので,基本的にその規定が適用されることになります。
定型約款とは(民法第548条の2第1項)
① ある特定の者が不特定多数の者を相手方として行う取引である
② その取引の内容の全部又は一部が画一的であることが双方にとって合理的である
①②を満たす取引において,契約内容とすることを目的として,①の特定の者により準備された条項の総体をいう。

みなし合意

どんなことが規定されてるのかな。

定型約款を契約の内容とする合意をした場合や,定型約款を準備した者があらかじめ定型約款を契約内容とする旨を相手方に表示していた場合に,定型約款の個別の条項を契約内容とすることに合意したとみなされます(民法第548条の2第1項)。

いちいち全部の条項を説明して合意する必要はないってことかな。

そうですね。
だけど,契約時に約款を見せてほしいと言われたのに見せなかった場合は,約款を契約内容にすることができなくなります(民法第548条の3)。
いずれにしても,墓地を使いたいって話があったときは,あらかじめ約款を印刷して渡しておいた方が安心できますね。(同条)

みなし合意の例外

約款にはどんなことでも決めていいの?

取引の態様や実情,取引上の社会通念に照らして,信義則に反して相手方の利益を一方的に害する権利制限条項や義務加重条項は,合意しなかったものとされます(民法第548条の2第2項)。

そんな取り決めがあるなんて思いもしないような,相手方に不利な条項があったりした場合ね。

取引の態様や実情,取引上の社会通念に照らして,ということですから,どんな取引における約款なのか明確にしておく必要がありますね。
寺院の境内にある墓地と,事業として経営している墓地とでは,事情が違うでしょうから。

約款の変更

なるほどね。
それから,あとで約款の中身を寺院側だけで変えることはできるのかな。

相手方全員と合意するなんて実際上,不可能ですよね。
まず,相手方の一般の利益になる場合は変更できます。
この場合,相手方に不利益がないのですから,変更を認めても問題ないですね。

相手方の利益にならない場合は?

契約の目的に反しない変更であれば,変更の必要性,相当性,変更がある旨の条項の有無,その他の事情に照らして合理的と言える場合,相手方の合意なく変更することができます。

少なくとも,変更される場合があるっていう条項は置いとくべきということね。

コメント