【コラム】決断できないときどうしたらいい?


離婚調停で決断を迫られても決められない。
大事なことだけにむずかしい場面です。
そんなとき,どう考えたらいいのでしょう。
”拙僧”の意見を聞いてみましょう。
少しはヒントになるかも!

離婚調停などで,支払う金額を相手方から提案される場面があります。
もちろん,相手方の提案にすぐに応じる必要はありません。
こちらから再提案してもいいですし,まったく拒否してしまうことも考えられます。
しかし,最終的にはどこかで何らかの決断をしなければなりません。

これからの生活を考えるとこれで決めてしまっていいか慎重になるよね。
離婚するという希望はかなうとしても,もらうものは少しでも多い方が安心だし。

たとえば服を買うとき,何種類も試着して鏡に映して見ることができよう。
しかし,人が,何種類もの人生を試しに生きてみるなどということは,残念ながらできぬ相談じゃ。

あたりまえだけどそうだよね。
でも,だからこそ迷うんじゃないの?


ここで決断して離婚してしまうのがよいか,もっと高い金額をめざして粘ったほうがよいか。
もっともよい決断はいずれか,どうやったら分かると思われるか。

う~ん。



最良の決断は何か。
人生の試着はできぬから,それはいくら考えても分からんのじゃ。
分からんことを分かろうとして,悩んでおるのじゃないかのう。

そうか・・・。
じゃあどうすればいいんだろう?


最良の決断は,そなたが自分自身で作りあげるものなのではなかろうか。
つまり,自分はあの時に最良の決断をしたのだと,振り返って思えるような人生をこれから歩んでいくということじゃ。
それができそうに思えるのなら,決断して進めばよい。
とてもできそうに思えなければ,撤退すればよろしい。

なるほど。
参考にしてみます。
ありがとう!

コメント